しかし、現状はひどいものでした:吃音(どもり)解消法



スポンサードリンク

しかし、現状はひどいものでした

「あなたの吃音の原因は心理的なものです」
と言われ、毎朝精神安定剤を飲まされては、しゃべる練習をひたすらするだけ


初めの数日は我慢して続けましたが、初めから疑問を持っていた私は、
数日後院長室へ行き、「こんな方法では治らない」と訴えました。

すると院長は「今から私の講義が始まるから、その時にあなたにあてるので朗読しなさい」と言われました。

事前に言われたことで開き直ることができたのか、その時はどもることなく朗読することができました。

院長は得意げに「それでいいのです」と私へ言いましたが、私は喉の奥にある何かがまったく取れていなかった感覚がずっとありました。

多分、現在や過去に私と同じように吃音矯正所へ通ったことのある方はこの事が本当によく解るかもしれませんね。

そんな思いのまま、間もなく3週間が過ぎようとしていたときのことです。

私が諦めかけていたその時、吃音矯正所へ吃音を実際に克服したという方がたまたま遊びに来てくれたのです


posted by 吃音 at 02:00 | 吃音
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。