使用者の声:吃音(どもり)解消法



スポンサードリンク

使用者の声

うれしい声が本当にたくさん寄せられます。
本当に本当にありがとうございます。
この声を励みに、これからも頑張っていきたいと思います。

今回「吃音改善プログラム」は7歳になる娘のために購入いたしました。
幼稚園に入ったころからごもごも話すようになり、最初は気にならなかったのですが、次第にどもり始めてしまいました。

幼稚園の頃は、周りが気づいてなかったので、私もあまり重大なことだとは認識していませんでした。
しかし小学校に上がってから、どもりを友達から、からかわれたようで、自分は周りの友達と違うという認識を抱いてしまったようなのです。

私が気づいたときには、娘は心に傷をおってしまっていたのです。

今回この吃音改善プログラムに出会ったのは、偶然だったのですが、井坂先生には本当に感謝しております。
このタイミングで吃音改善プログラムを知ることが出来、家族全員で喜んでおります。

娘ですが、毎日の練習も苦にならないようで、根気よく続けてくれております。おかげで最初の言葉がでてこない症状もだいぶなくなり、楽しそうに学校に行くようになりました。
これからも完治するまで、娘と一緒に続けたいと思います。
本当にありがとうございました。

竹下啓子様


酒井 敦子と申します。早速感想を送らせてもらいますね。

現在わたしは高校2年生です。バスケットボール部に所属しています。
わたしは5歳ごろからどもりにかかりました。おそらく妹ができ、母親にあまえられなくなり不安な状態からではないかと思います。

小学校の1年生の時、国語の本読みがあたりました。緊張もありましたが、言葉が出てこないのです。
あの、あの、といってるうちに、先生は「もっとスラスラ読めるように練習してきなさい。」と言われました。
他の生徒に比べ、何倍も何度となく練習して、この結果だったのです。
漢字も読めない、できの悪い子とレッテルを張られどんなにみじめな思いをしたことか。

いま井坂さんの吃音改善プログラムを実践しています。だいぶ気持ちが楽になりました。
このプログラムを実践すると、とっても気分がよく、すがすがしい感じになります。
これからはプラス志向でいこうと思っています。

これからもよろしくお願いします。

酒井


娘が3歳1ヶ月で、言葉が遅くどもりがちなので気になって購入しました。

自分で言葉をつかって表現がほとんど出来ないくらいどもっていて、心配をしていましたが、書いてある文章は読みやすく1時間もあれば全部よんでしまうような量ですので、お昼寝時間に全て読み、母親の立場で出来るトレーニングを実践してみました。今現在3歳8ヶ月、幼稚園でもからかわれることもなく元気に通っています。

幼児期のどもりの一番の原因が自分達側にいる大人だとわかって最初は辛かったですが、私が変われば、私や旦那や祖父母が変わればこの子が変わるとわかれば簡単です。

本当に井坂先生と出合えたことは感謝しております。
ありがとうございました。またなにかありましたら相談させて頂きます。

柿崎様


物心がついた頃からどもるようになって極度に緊張すると、会話が上手くできませんでした。

もともと暗い性格だったので、友人も少なく、表立って話す機会はそんなになかったのですが、ずっと1人で悩んでいました。考え込むタイプなので、ストレスでさらにどもりが激しくなっていきました。

そんな時に、母がこのトレーニングを見つけてくれました。
毎日たった9分のトレーニングですが、どもりが少なくなってきました。
職場でも、「最近なんか変わったね。」と言われるようになって、
まるで整形でもしたような気分です。

気持ちの変化も自分で感じられるようになって、以前は嫌だった職場に行くのも苦にならず、楽しく仕事が出来るようになりました。

このトレーニング方法に出会って、本当に良かったです。
ありがとうございました。

斉藤様


私の「どもり」は小学4年生ころから始まったと思います。
その頃、太っていたせいもあって、同級生にいじめを受けていました。

学生のころは、井坂先生と同じように、国語の授業が大嫌いでした。担任の先生にもどもりをバカにされていて、毎日学校に行くのがイヤでした。
とてもあがり症なので、人前に出るとなおさらどもってしまって、そのたびに同級生たちから笑われていました。

大学生になって、ダイエットを頑張って体形には以前よりは自信は出たものの、緊張するとどもって話し方がおかしくなるのは変わらず、本当にどうしていいかわからなかったです。

ネットなどで調べても高い本や講習ばかりで、学生の私にはとても手が出せないものばかりでした。そんなときにこの方法を見つけました。

この方法(と値段)なら誰にも内緒で出来るかも知れないと思い、
注文しました。

私は、1日2回のトレーニングで、1ヶ月半くらいでどもりがほとんどなくなっていきました。今まで何年も悩んできたことが、たった1ヵ月半で・・・と思ったら、本当うれしくてうれしくて仕方なかったです。

もっと早く先生に出会いたかったです。
井坂先生、人生を変えてくれてありがとうございます!

K.K様 女性


さすが国語の先生。
文章もとても理解しやすく、自身も辛い体験を持っているのにとても共感を持てました。なによりトレーニングが簡単なのに本当に驚きです。これなら誰でも毎日楽しく続けられますね。
そして効果が目に見えて現れるんだから本当に最高のプログラムだと思います!

自分の身体のことだから、自分が一番良くわかる。人には言えない悩みだけど本当はずっとコンプレックスでした。正直治ると思っていなかったから。

井坂先生やりましたよ!ありがとうございます!

後藤直哉


話すのが嫌だったから学校では特定の友達意外と話はしませんでした。

先生ともほとんど会話しません。休みの日はほとんど家にいてゲームしたり漫画読んだりネットで遊んだり。でも、このどもりさえなくなればって思う気持ちは強かったんです。
たまたまいろんな人のブログを読んでて、そしたら「吃音改善プログラム」タイトルを見たときあまりに率直で、でも気になって。

それほど言うなら自信があるんだろうと、とりあえずな気持ちでホームページを開きました。

井坂さんは祖母と同じくらいの年齢の先生で、物心ついたときから21年間も吃音で悩んでいる。
俺はまだ14年しか生きていないけど、早く治さなければ高校行ったり大学行ったり就職したら俺の人生はどうなるんだろうという気持ちになり、両親に相談してすぐ買ってもらいました。

買ってもらってよかった。
どもりから、吃音から逃げてた人生から、立ち向かう気持ちになってそろそろ2ヶ月経つけどほとんどどもりはなくなりました。

F.K様 男性


大学を卒業して、上場企業へ就職し夏休みで実家へ帰って来た時に母親にいきなり「あんたどうしたの?」と言われ、自分が吃音になっていることに気がつきました。

原因は多分、仕事。生まれてはじめての1人暮らし、営業、厳しい上下関係。考えないようにしていたストレスが言葉に表れたようでした。

きっと上司も同僚は気がついていたでしょう。

今考えると、私のことを随分と蔑んで見ていた気がします。

すぐにインターネットでどもりについて調べ、どもりは吃音ということを知り、その改善方法がないこともわかりました。たまたま見たブログに井坂先生を推薦するものがあり、ホームページを読ませていただきすぐに購入しました。

ダウンロードし、すぐトレーニングを実践しました。

プライベートでは、今までどおりの自分を取り戻せました。仕事ではやはり、まだまだ納得できない部分もありますが、少しずつ同僚とも打ちとけてきました。使えるトレーニングが多かったので嬉しかったです。 今後も参考にさせて頂きます。

渡部 耕太郎様


65歳になる母のために購入いたしました。

軽度の吃音でしたが、本人はずっと悩んでいたようです。

若い方しか直らないのではないかと、最初は不安でしたが、
1日に何度もトレーニングをしていたようで、2ヶ月半ほどで、ほとんど気にならない状態にまで改善されました。

私も驚きましたが、本人が一番驚いているようです。

本人の意思にもよりますが、何事もやってみないとわからないということを見せてくれたように思います。

母共々井坂先生には感謝しております。ありがとうございました。

相川様



吃音改善プログラム  「吃音、どもりを自宅で簡単に克服するプログラム」


posted by 吃音 at 13:00 | 吃音
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。